過去、現在そしてこれからの春吉の魅力を語るコラム
様々な方が春吉への思いを熱く語るインタビューです
個性あふれる春吉の人、物、店を毎月紹介していきます!
現在のページの『地域情報』をご覧下さい。
現在のページの『晴好万流』をご覧下さい。
春吉の地図を可愛いイラストで掲載
現在のページの『イベント情報』をご覧下さい。
春吉のイメージ写真と編集後記
お問合せ

ぴーぷる晴好バックナンバートップ>第5回


キモチよか街にはキモチよかひとがおる、 この界隈で逢うた晴好もんを教えちゃる。
音楽がメインの人生。いい悪い含めて、よかったと思う。
米田ゲンさん
米田ゲンさん 
◆GEN×2オーナー
<プロフィール>
鹿児島生まれ。高校卒業後、本格的に音楽に携わろうと福岡に移り住み、ハコ(ディスコ)バンドのメンバーとして九州内を回る生活。35歳の時、中洲のライヴバー「PLAYER」の共同経営に関わる。1999年、独立して春吉に「GEN×2」をオープン。オーナー兼ギタリストとして店に立ち、客と音楽談義やバカ話(?)で毎夜盛り上がる。

GEN×2のオーナーであり現役ミュージシャンでもあるゲンさん。春吉の事・音楽の事など、酒を片手にゆっくりと話を伺った。  

Q1/店を構えるまでのいきさつなどを教えてください

A1/ま、鹿児島から福岡に出てきたのは、1人暮らししたいなってのも理由だったんですけどね(笑)。たまたまバンドのメンバーになって、長崎やら大分やらギタリストとしていろいろ回ってね。 いろんな出会いにも恵まれたし、たとえミュージシャンじゃなくてもやっぱり音楽に携わる生活をしていきたいって思ったんです。 中洲の「PLAYER」ではバンド形式でライヴをしてて、それもすごくよかったんですが、自分の店を持つにあたってはなんか“出会いの場”ってカタチになればいいなと思って。そうそう、ウチはライヴハウスじゃないんですよね。店をやっていろんな人が集まって、年代をこえて音楽が共通の話題になって。ライヴももちろんありますが、一緒に反応を共有できるスペースでありたい。なるべく自分もお客さんも気持ちがいい店を作っていきたいです。場所を春吉に選んだのは…そうですね、ある意味アンダーグラウンドな雰囲気が漂ってたからかな。昔住んでたこともあるしね。春吉のアンニュイな空気感が好きなんですよ。音楽をやっている人も多いし、お互いに長い付き合いがあって支えあったりしながらやっていけるのもいい点だと思います。

Q2/現在の福岡の音楽シーンはどうですか?

A2/今、いい音楽がいっぱいありますよ。自分の息子の年代とか、いい若者がたくさん育ってると思います。いろんなミュージシャンがいるし、店に来てくれて話をしたりセッションできるのも楽しいです。ライヴをしたいという若者とか、自分ができることは相談にのってあげて、うまいことのばしてあげたいなって思いますね。自分は音楽でしか何にもできない、でも音楽の面では何かアドバイスできるかもしれない。今後も若いミュージシャンをバックアップしていきたいです。

Q3/今後の目標は?

A3/毎日いろんなパターンでライヴをしながら、若手を育てるとともに、自分もずっと現場にいたいです。音楽に一生携わっていきたい。 仕事でも趣味でも音楽、音楽がメインの人生だったし これからもそう。
これまで有り難い事にいろんな人にサポートしてもらいながらやってきて、横のつながりやブレーンもたくさんできました。 偶然とはいえ、こうやって集まってきた人たちが周りにいる。 自分が体調を崩して店に立てなかった時も、スタッフがしっかり支えてくれたんですよ。ホント、人に恵まれてきたことに感謝してます。今ないのはお金だけ(笑)。だから、そうやって自分が受けてきた恩恵もいろんな人に返していきたい。あとは、また身体を壊さないように自己管理をしていくことかな〜。
取材  取材2005年2月24日 GEN×2にて
文章 吉野 友紀/写真 比田勝大直(CLEMENTIA)
ぴーぷる晴好バックナンバーへ
地域情報
晴好万流
イベント情報
Web design & produced by NTT MARKETING ACT KYUSHU CORPORATION
< 晴好実行委員会 >
 ■E-mail:
 info@haruyoshi.jp

〜晴好毎月5日更新〜


現在の「晴好」へ
Copyright HARUYOSHIAll rights reserved