過去、現在そしてこれからの春吉の魅力を語るコラム
様々な方が春吉への思いを熱く語るインタビューです
個性あふれる春吉の人、物、店を毎月紹介していきます!
現在のページの『地域情報』をご覧下さい。
現在のページの『晴好万流』をご覧下さい。
現在のページの『晴好マップ』をご覧下さい。
現在のページの『イベント情報』をご覧下さい。
春吉のイメージ写真と編集後記
お問合せ

ぴーぷる晴好バックナンバートップ>第10回

様々な方が春吉への思いを熱く語るインタビューです

キモチよか街にはキモチよかひとがおる、 この界隈で逢うた晴好もんを教えちゃる。
風情のある大人の街に戻ってほしい。
山本圭介さん
山本圭介さん
◆株式会社ニューオータニ九州 代表取締役社長

<プロフィール>
1954年生。78年に福岡大学工学部卒業後、立ち上げ当初の株式会社ホテルニューオータニ博多(現株式会社ニューオータニ九州)に入社。宿泊部支配人、取締役人事・総務部長、取締役ホテルニューオータニ博多総支配人などを経て2003年6月より代表取締役社長に就任。

ホテルニューオータニ博多ホームページ
http://www.newotani.co.jp/hakata/

平尾は一本木に本籍を持ち、幼い頃から柳橋連合市場や映画館「南東映」(現在の渡辺通東映イン)に親しんでいたという山本社長。ホテルニューオータニ博多の立ち上げ当初に就職してから、現在まで観光地としての博多を見つめ続けて来た方です。

Q1/春吉とは、どんな街だと思っていらっしゃいますか。

A1/最近、とても人気のあるエリアのようですが、、私は、特に春吉だけに注目してはいないんです。ただ、渡辺通、清川、高砂など、この辺り一帯を一つのエリアと捉えたとき、天神とは違う魅力や性格のある街だと思いますね。以前は渡辺通一丁目など、天神より栄えていた街でした。中心が北上し、また最近南下して来ている。それは時代とともにある話ですが、春吉、渡辺通り付近の独特の雰囲気は変わりませんね。風流な、大人の街だと思います。東京で言うところの神楽坂…、高度な街の中に風情が残っており、住人たちがそれらを大切に守っている。春吉付近ももっと、地域住民の方々がご自分の街に誇りを持って守ろうとなされば神楽坂に負けない街になると思いますね。代々地元に住んで生活や商売をしている人が減り、外から住み着く人が増える中ではとても大変なことなんですけれど。

Q2/この辺りの良さを守るための、ニューオータニさんの取り組みはありますか。

A2/利益を出さなければならない立場としては流行や需要を追い、「ショッピングステイプラン」など華やかな宿泊プランを提案することも大切ですが、せっかく福岡へ来ていただいたお客さまには、福岡らしい良さを知っていただきたい。サンセルコにどんたくステージを設置する、お土産をお求めになる方に柳橋連合市場をご案内するなど、我が街としての福岡を見ていただけるよう考えています。レストランで使う食材も、ずいぶん柳橋連合市場のお世話になっています。また私自身は、南天神振興会、山笠振興会などに所属しています。山笠は地域の住民の方の寄付金で成り立っており、振興会のメンバーが法被を着て寄付を集めに回るのですが、景気が悪いのと地元密着の店が減ったことで、寄付が集まりにくくなっていますね。私も総務部長時代に、法被を着て回っていましたが、追い出されたこともありました(笑)。そうそう、当社のスイートルームは、鴻臚館をイメージして作ったんですよ。ディスプレイの花瓶に敷いているのは博多織。観光ホテルとしては、この界隈の魅力はもちろんのこと、博多部全体の魅力をお伝えする努力をしているんです。

Q3/これから、春吉地区の発展についてどうお考えですか。

A3/天神は、一局に集中し過ぎました。交通渋滞のひどさを見れば、それがいかにアンバランスな開発によるものかが分かります。しかも、まだ商業施設を増やそうとしている。そんな発展の仕方は、春吉・清川・高砂などこの一帯には似合いませんね。メインストリートとしての天神はそれで良いけれど、この辺りの街は路地裏的な魅力をたっぷり持っている街です。知れば知るほど面白い発見がある、宝探しのような街。大きな道を敷くのではなく、水上バスを走らせるなど、風情ある街を壊さない魅力ある街造りが必要だと思いますね。一方、観光で来られる方にとっては北天神エリアも、春吉も太宰府も同じ「福岡」。今度、太宰府の国立博物館にホテルニューオータニからレストランを出すのですが、地域開発と同時に「福岡」全体を見つめる視点も大切だと思っています。
取材 2005年7月27日 ホテルニューオータニ博多にて
文章 牛島 彩(re+word)/写真 鎌田ひでこ
ぴーぷる晴好バックナンバーへ
地域情報
晴好万流
晴好マップ
イベント情報
Web design & produced by NTT MARKETING ACT KYUSHU CORPORATION
< 晴好実行委員会 >
 ■E-mail:
 info@haruyoshi.jp

〜晴好毎月5日更新〜


現在の「晴好」へ
Copyright HARUYOSHIAll rights reserved