過去、現在そしてこれからの春吉の魅力を語るコラム
様々な方が春吉への思いを熱く語るインタビューです
個性あふれる春吉の人、物、店を毎月紹介していきます!
現在のページの『地域情報』をご覧下さい。
現在のページの『晴好万流』をご覧下さい。
現在のページの『晴好マップ』をご覧下さい。
現在のページの『イベント情報』をご覧下さい。
春吉のイメージ写真と編集後記
お問合せ

晴好雑記バックナンバートップ>第6回

 
“晴好”は誰のもの?

 時折温かな日差しを感じる季節になった。春はもうすぐそこまで来ている。
最近“晴好”という表現についていろいろな感想をいただいている。
「誰の許可をもらってこの字をつかっているの?」「なんで素直に春吉じゃないの」そんな声が聞こえてくる。もともとこの字を選んだのは素直に心地よいと感じた、ただそれだけだ。春吉小学校が晴好小学校として開校し、現在でも記念誌にはこの“晴好”が使われている。つまり130年以上“晴好”は春吉の人の心の中に生き続けてきた想いだろう。その想いを受け継ぐ春吉の町の人たちが誰はばかる事無く自由に使ったらいいと思う。
《春吉》、《晴好》どちらもなんて素敵な名前だろう。

(比田勝 大直)
晴好雑記バックナンバーへ


地域情報
晴好万流
晴好マップ
イベント情報
Web design & produced by NTT MARKETING ACT KYUSHU CORPORATION
< 晴好実行委員会 >
 ■E-mail:
 info@haruyoshi.jp

〜晴好毎月5日更新〜






現在の「晴好」へ
Copyright HARUYOSHIAll rights reserved